来期の人財育成を止めないための、
ニューノーマルに対応した教育制度のあり方

コロナ禍で企業の活動が制限されており、昨年は教育も十分に出来なかった企業が多かったのではないでしょうか。また教育のDX化が加速しているのは認識しているが、

(1)どのようにデジタル化を推進していけば良いか分からない
(2)一度Zoomでやってはみたもののしっくりとこない。どのように行えばより良い成果がでるのか分からない 等

今回は、このような課題について、 社内教育体制の見直しを切り口に解説する。

来期開催すべき社内/社外研修のあるべき姿とリアル/デジタルどちらでも開催出来るように予め組む

社内教育体制の見直しが必要である。今後はリアル×Webの最適な組み合わせにより「教育の生産性の向上」につながってくる。インプットにかかる時間を減らしこれまで以上のアウトプットを促進する。タナベ経営では上記コンセプトをアカデミーと名付けている。

2.Webにも親和性の高い教育テーマがある。

(1)考課者研修、(2)生産性改善、(3)戦略的な投資の考えの理解、(4)グループ経営における経営幹部づくり、等は物理的特性(時間の細切れ)、Web特性(デジタル機能のフル活用)により、成果を上げることが出来ている

着眼点に対する実行具体策

アカデミーノウハウ

(1)Webビデオによるインプット
(2)ディスカッションは短時間×複数回
(3)Webならではの機能の活用         (チャット機能、録画再生機能)

トータルコストの再設計

物理的な移動・宿泊にかかる経費を削減し、削減した分をデジタルへの投資可能(デジタル機材、外部講師等)

Webにおける発表リテラシーの向上

弊社のサービスは導入して終わりではありません。つまずきそうなポイントのソリューションを提供するところが強みです。

教育体制の見直しに向けたノウハウ集
プレゼント

タナベ経営が他社で取り組んだ事例を交えたノウハウ集をプレゼントいたします。ご希望の方は、送付しましたメールアドレスへ入力フォームに記載の上、ご返信をお願い致します。

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。