2024年4月1日より労働時間の上限規制が建設業にも適応されることから、
建設業界の企業様は労働時間削減のため、労働環境の改善に取り組まれています。

建設業界の労働環境は長時間勤務・慢性的な人手不足・現場の負担増等の課題が多くあり、
その解決策としてシステム活用が注目されています。

業界特有の業務に対応するために自社オリジナルのシステムを構築する企業様も多くおられますが、
中小中堅規模の企業の場合はコストと投資効果が見合わない結果となることがあります。

タナベ経営では、企業規模別の課題や経営システムから鑑みて、

既成のパッケージシステムを最大限活用することで、
低コストでスピーディーに生産性向上を目指すことができると提言しています。

本説明会では建設業界の企業様向けに、
パッケージシステムを最大限活用するための着眼点について
業務改善と経営指標の観点からご説明いたします。

んな方にオススメ  

1.幅広い業務をカバーする、建設業向けのパッケージシステムを探している。

2.営業、見積、原価管理、在庫管理、生産管理など、バラバラのシステムを統合化したい。

3.部門毎の重複作業を減らし、業務連携の強化を図りたい。

4.データを一元管理し、リアルタイムで案件の利益、発注、支払状況を確認し、収益性を確保したい。
5.建設業法に対するコンプライアンスや内部統制を強化したい。

師紹介

タナベ経営
ファンクションコンサルティング東京本部
部長代理  小原 怜

中期経営計画策定、業務改善、経営の見える化、5Sの導入、新規事業の立ち上げ、
評価制度・賃金制度設計、人材育成まで幅広いコンサルティングを展開。
また、バックオフィス部門を中心としたIT活用による業務改善を行うなど、
企業のDX戦略推進も手掛ける。

タナベ経営
ファンクションコンサルティング東京本部
チーフコンサルタント  公文 拓真

銀行出身。リテールからホールセールまで融資・預金・投資部門を担当後、
上場企業向けのシンジケートローンやプロジェクトファイナンス、M&A業務に従事。
2018年タナベ入社後は主に財務分析を中心とした財務戦略や中期経営計画策定支援、
原価管理による収益構造改善に取り組んでいる。
製造業や不動産業、信用金庫向けの中計画策定支援において財務戦略を担当し、
収益改善に向けた体制を構築した経験を持つ。


開 催 概 要

開催日時

   2022年2月15日(火)15:30~17:30 終了予定

申込期限             2022年2月14日(月)まで
配信方法

   Zoom(詳細はお申込みいただいた方にご連絡いたします)

 

   ※ご来場は不要です。ご自身のパソコンやスマートフォンからご視聴いただけます

   ※通信料はお客様のご負担となります。

   ※Wi-Fi環境など、高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。

  対象 

    設業企業の経営者/経営幹部

  スピーカー 

    小原 怜・公文 拓真(株式会社タナベ経営)

主催

   株式会社タナベ経営 東京本社(窓口:高橋)

お問合せ

   03-6758-0070

2月21日(月)・25日(金) 限定開催!
ウェビナー講師とのオンライン個別相談会

DXを推進するための課題やお悩みをお伺いし、解決のヒントを   ご提供するオンライン個別相談会を開催させていただきます!
豊富な実務経験を有し、ウェビナー講師も務めるコンサルタントが、貴社の抱える課題を整理し、DX実現に向けて最適なステップを  ご紹介
いたします。

ぜひお気軽にお申込みください!

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。