【22/1/24_ウェビナー】
アフターコロナ時代に求められる
新規事業開発のポイント

100年に一度と言われるの世界的パンデミック、新型コロナウィルスは、
その前と後で経済環境、私たちの生活を激変させました。
また、変異株オミクロン株が発生するなどまだまだ先行きが不透明な状況が続いております。

新型コロナウイルスは2008年のリーマン・ショック、2011年の東日本大震災を
経験した経営者の方でもいまだかつて経験したことがない状況下に置かれている状況かと思います。

特に、外食産業およびその食品卸売業、宿泊施設、バス会社や観光業などあらゆる
業種が甚大な影響を受け、コロナショック以前と同じ状況には戻らない経営環境に
頭を悩ませているかと思います。

コロナウイルスは消費者のライフスタイルや価値観を大きく変え、
これまでの商品やサービスを市場に提供していくだけでは、企業の持続的な成長が難しく、既存事業を見直し、新たなことに取り組む必要性が高まってきました。

ただ一方で、「何から取り組むべきか」、「何を見直すべきか悩んでいる」という経営者の声を多く聞きます。

本ウェビナーでは、そんな悩み解決のきっかけとなる3つの提言をさせていただきます。

-開催概要-

日 時 2022年1月24日(月)16:00~17:00
参 加 費 無 料
申込期限

2022年1月21日(金)12:00まで

開催形式

Zoomを使用したWeb方式 ※インターネット接続によるオンライン開催

講 師 タナベ経営 東北支社 コンサルタント 大渕 元晴
お問い合わせ 022-262-1871(門間)
連絡事項

1.ご来場いただく必要はございません。
  ご自身のPCまたはスマートフォンからご参加いただけます。

2.お申込み拝受後、接続先URLを個別にメールにてお送りいたします。

3.視聴にかかる通信料はお客様のご負担となります。ご了承ください。

  WI-FI環境下での受講を推奨します。

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。