【11/26_ウェビナー】
~7割経済下でも永続発展し続けるための~
『ウィズコロナにおける収益・財務構造改革』


コロナショックで収益改善が急務!

コロナショックの下で企業の収益状況は予想をはるかに超えた影響を受けており、事業・収益構造自体のあり方が問われています。

今回のショックは、企業に大幅な売上高の減少を強いており、
利益率の低下
(赤字転落)の危機があまりにも急激なスピードで生じており、
これまでの常識を覆す構造変化が起き、中堅・中小企業だけでなく、
大企業でも存続が困難になる可能性があります。

このような状況の中、これまで『企業を存続させる』という視点で
短期的な守りの強化だけでは今後の存続は難しく、
どこかのタイミングで『企業発展』するために攻めていく必要があります。

今後、反転攻勢をかけていく上で、経営者が考えなければならないことは
『新たな収益構造・収益モデルへの転換』です。
そのために重要なのは『経営指標の常識を捨てること』。

“業種別”の経営指標で捉えるのではなく、『自社がどこを目指すのか』を
意思決定することが、現状を乗り切るために必要となります。

その考え方・ポイントをご説明します。

-開催概要-

日 時 2021年11月26日(金) 10:00〜11:00
参 加 費 無 料
申込期限 2021年11月24日(水)17:00まで
開催形式

Zoomを使用したWeb方式(インターネット接続によるオンライン開催)

 

※お申込み後、URLをお送りさせていただきます。

講 師 株式会社タナベ経営東北支社 チーフコンサルタント 岩谷 充史
お問い合わせ 022-262-1871(門間)
連絡事項

1.ご来場いただく必要はございません。
  ご自身のPCまたはスマートフォンからご参加いただけます。

2.お申込み拝受後、接続先URLを個別にメールにてお送りいたします。

3.視聴にかかる通信料はお客様のご負担となります。
  ご了承ください。WI-FI環境下での受講を推奨します。

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。