ABOUT

先行き不透明かつ不確実な時代ではありますが、企業経営を止めるわけにはいきません。経営者にとってグループ全体で企業価値を高めることが使命であることはいつの時代でも不変です。

企業価値を更に高めるポイントとして、
1. グループ全体ビジョン・ミッション・バリューの再定義
2. グループ全体最適を実現する事業ポートフォリオ戦略の再構築
3. グループ全体最適を支える組織体制としてのホールディングス化が挙げられます。


本フォーラムでは、全体ビジョンから事業ポートフォリオの再構築、それを支えるホールディングス体制構築から運用まで具体的事例を交えてご紹介します。
「グループ経営」実装への第一歩を踏み出しませんか?

タイムテーブル
ー  開会のあいさつ・オリエンテーション(13:00~13:05)  ー

 Session 1  13:05~13:25

10年先を見据えたグループ経営のあり方
 ~事業ポートフォリオ変革とそれを支えるHD体制の実装~

タナベ経営 執行役員

コーポレートファイナンス大阪本部長 福元 章士

 Session 2  13:25~14:25 

「THE 100 VISION」達成のグループ経営手法

講演のポイント

  • 理念・ビジョンがグループ経営成功のキモ!
  • グループ経営成功のための「システム」とは?
  • 人材の宝庫になった「採用と教育手法」とは?
グループ経営フォーラムゲスト
ヤマチユナイテッド 代表 山地 章夫 氏

過去累計120の事業を立上げ、住宅関連、インテリア、飲食、介護、イベント、商社など現在50事業、社員700名、年商245億円のグループ経営を手掛けるヤマチユナイテッド代表。1955年生まれ。28歳で稼業を継ぎ、独自の経営手法「連邦・多角化経営」で飛躍。多角化経営をポピュラーな経営戦略にするために、講演、執筆活動を精力的に行っている。

 Session 3  14:25~14:55

事業を生み出し、経営者を育む、プラットフォーム型ホールディングス

タナベ経営 

九州本部 副本部長 中須 悟

ー  休憩(14:55~15:05)  ー

 Session 4  15:05~16:05

「経営の近代化」を実現するホールディングス経営

講演のポイント

  • ますます深刻化する中堅・中小企業の危機、M&A におけるリアリティ
  • プラットフォーム型ホールディングスのメリットと構築方法
  • 買収した企業の統合における当社流のアプローチ
グループ経営フォーラムゲスト

セレンディップ・ホールディングス株式会社 代表取締役社長 竹内 在 氏

米国Bradford大学卒業。ニフティ株式会社の経営企画担当として従事を経て、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社にて、経営・マーケティング戦略のコンサルタントとして活躍し、日本オラクル株式会社のマーケティング本部長に就任。現在は、セレンディップ・ホールディングス株式会社の代表として、子会社の経営にも従事。

 Session 5  16:05~16:25

企業価値向上とサステナビリティを実現するポイント

タナベ経営

コーポレートファイナンス大阪本部 本部長代理 浜岡 裕明

ー  閉会のあいさつ・ご案内(16:25~16:30)  ー
開催概要
  

日時

 2022年7月11日(月)13:00開始予定

会場

 オンライン会議室(Zoom)

 

 ※お申込み後、会議室URLをご案内いたします

申込期限

 2022年7月11日(月)12:00まで

参加費

 無料

注意事項

 

 1.ご来場は不要です。

 

 2.リアルタイム配信です。

 

 3.通信料はお客様のご負担となります。

 

 4.Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。

主催  株式会社タナベ経営
お問い合わせ

 03-6758-0083(光石・堀口)

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。