中小企業のM&Aの事例紹介
黒字廃業をしないために 今、やるべきこと

 ウェビナー内容

後継者未定で黒字の中堅・中小企業は全国に12万社あります。
国の試算によると2025年までに60万社が後継者難で「黒字廃業」に追い込まれる恐れがあるといいます。

経営者の高齢化という背景もあり、地方も含めて事業承継問題が日本経済の大きな課題となってきています。

親族、従業員への承継を考えても難しい場合、第三者への承継(M&A)も考える必要があります。 

本ウェビナーでは、地方中小企業の友好的M&Aの事例等をお伝えします。

- こんな方におすすめです -

・自身が60歳以上で、後継者選定に悩んでおられる方
 ・従業員への承継を考えているが、具体的な動きができていない方
・ M&Aに関心はあるが、よく分からないと思っている方

Speaker

講師

小野 樹(おの たつき)
株式会社タナベ経営 M&Aコンサルティング本部 部長代理


タナベ経営に新卒入社後、金融機関や会計事務所とパートナーシップを築き、後継者を育成する企画や取引先企業が抱える経営課題とタナベ経営のコンサルティングソリューションをマッチングするアライアンス事業を推進。2017年よりM&A部門の事業化、仕組みづくり、商品開発、実績づくりを行う。3年間での支援社数は10社以上。

オンデンドウェビナーをご視聴いただくにはこちら
フォームを入力していただきますと、動画が見れるページへ遷移いたします。

※WEB会議・電話・タナベ経営が訪問も可能です。調整のうえご連絡をいたします。

アップロードしています。少々お待ちください。

タナベ経営 【無料開催】フォーラムはこちら

【2022年3月3日開催】マーケティングイノベーションフォーラム

2021-11-05

タナベ経営の専門コンサルタント・豪華ゲスト企業さまと共に、激動のマーケティング5.0の時代、ロイヤルカスタマーを創造するためのコミュニケーション設計を考える一日にいたしましょう。

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。