申込受付終了しました。

ウェビナー概要
Webinar Overview

 

 日本の2022年の経済成長率(実質GDP伸び率)は3.2%の予測【出典:財務省】となり、コロナ渦前(2019年)の水準を回復する見通しではありますが、人口減少による中長期的な内需の先細りが懸念されます。つまり、アフターコロナにおいて内需(日本国内)だけの成長には限界が有り、全ての企業において海外進出は必要不可欠の戦略といっても過言ではありません。

 一方で、「当社でも可能なのか」「どう始めていいのか」「成功のために何が必要なのか」といった不安の声も 多く聞かれ、実行のきっかけが得られず必要性は感じつつも一歩目が踏み出せない企業も多く存在しています。

 本ウェビナーでは、第一部でアフターコロナを見据えた経営戦略のアップデートの方向性をご説明します。その後、第二部では「海外事業拡大におけるアライアンス・M&A戦略」と題しクロスボーダーM&A、アライアンス(合弁、提携)を活用した非連続の海外事業成長に向けたポイントを説明します。これから海外進出を考えている企業、または、海外法人の設立・工場移転などを基軸として海外事業を築いてこられた企業が自前主義から脱却し、クロスボーダー現地企業とどのようにアライアンスを組み、そのための手段としてのM&Aをどのように活用すべきか、実行時の留意点は何かを解説いたします。

こんな方におすすめ
Recommended for people

1.今後の海外事業の成長についてお悩みの企業関係者様

2.海外事業をM&Aで拡大したいとお考えの企業関係者様

3.現地市場をローカル企業との提携で拡大したいとお考えの企業関係者様

講演者
Speaker


村上 幸一
株式会社タナベ経営
執行役員

ストラテジー&ドメイン東京本部長

ベンチャーキャピタルにおいて投資先企業の戦略立案、マーケティング、フィージビリティ・スタディなど多角的な業務を経験。タナベ経営に入社後も豊富な経験をもとに、マーケティングを軸とした経営戦略の立案、ビジネスモデルの再設計、組織風土改革など、攻守のバランスを重視したコンサルティングを実施。高収益を誇る優秀企業の事例をもとにクライアントを指導している。中小企業診断士。
田内 恒治
グローウィン・パートナーズ株式会社
フィナンシャル・アドバイザリー事業部
海外FA部 部長
1992年 JETRO(現 日本貿易振興機構)入社。米国駐在、内閣官房出向などを経て、2008年 Hotta Liesenberg Saito LLP 東京事務所(現 HLSグローバル)にて会計アドバイザリーに従事。2012年三菱UFJリサーチ&コンサルティングに入社後、日本企業の海外戦略立案、実行支援コンサルティングを多数実施。 自社の東南アジアの事業拡大にも関与し、コンサルティングの傍らホーチミン事務所長を兼任。アジア欧米の幅広いネットワークと知見を活用した海外戦略立案、パートナー探索からクロスボーダーM&A、戦略的資本提携の実施に至る一気通貫の アドバイス業務に従事。2021年当社入社、2022年海外FA部部長職。クロスボーダーM&A、海外戦略立案コンサルティング案件を多数指揮している。
ウェビナー内容(予定)
Webinar Contents

<第一部>:株式会社タナベ経営

【アフターコロナを見据えた成長戦略設計】

 (1) タナベコンサルティンググループ(TCG)の紹介

 (2) コロナ渦経済における主要国の情勢

 (3) アフターコロナを見据えた成長戦略設計

<第二部>:グローウィン・パートナーズ株式会社

【海外事業拡大におけるアライアンス・M&A戦略】

(1) 海外事業展開と転換期の到来

(2) 現地市場の獲得とアライアンス戦略

(3) クロスボーダーM&Aの留意点以上

ウェビナー概要
Webinar Outline

 

日時 2022年5月30日(月) 13:30〜14:30(60分間)
受講方法

ライブ配信 ※後日視聴用URLをご連絡いたします。

 
定員

無し ※1社3名までとさせていただきます。

 
参加費 無料
主催

株式会社タナベ経営

グローウィン・パートナーズ株式会社 (https://www.growin.jp/)

申込期限  説明会前日17時まで
お問い合わせ

 03-6758-0070 (担当 八平)

お問合せ

その他コンサルティングサービスやセミナーに関する
お問合せも受け付けております。